2020年7月16日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (36) 「道道 228 号の斜張橋」

 

「国指定史跡 フゴッペ洞窟」を後にして、余市町の中心部に向かいます。


国道 5 号に戻ってきました。しばらく一直線の道が続きます。


余市と言えば毛利衛さんの出身地……ということで、「余市宇宙記念館」なるスポットもあるようです。


余市と言えば(またか)、以前に来た際にはガソリンが残り少なくなっていて、ふらふら~っとこのガソリンスタンドに吸い寄せられたことがあったのでした(日頃はフルサービスの GS を選ぶことが大半だったのですが)。


今回は、まだ燃料に余裕があるのでスルーです。



古平方面への短絡ルート

余市町の中心部にやってきました。国道 5 号は 300 m 先を左折です。


ただ今回は(今回も?)古平方面に向かうので、左折せずに道道 228 号を直進します。古平・積丹方面へは国道 229 号を走ることになりますが、小樽から古平に向かう場合は国道 229 号ではなく、道道 228 号「豊丘余市停車場線」を通ったほうがショートカットできるので……(そのせいで未だに国道 229 号を完走していないような気が)。


余市川にかかる、道道 228 号の「大川橋」が見えてきました。斜張橋の主塔が正面に見えています。


斜張橋である大川橋は、中央の主塔だけでほぼ全ての橋桁を支えています。



シリパ岬の威容

橋を渡ると「余市警察所前」の交叉点です。余市の市街地は「駅側」と「港側」に二分されますが、両者の中間地点に警察署や役場があるのですね。右折して国道 229 号に合流します。


モイレ岬の近くの「余市町浜中」にやってきました。相変わらず「後志地方 なだれ 注意報発表中」のようです。


前方に「シリパ岬」(につながる山)が見えてきました。まさに威容……ですよね。



国道は西へ

余市町の港側の市街地に入ります。海沿いのルート(道道 378 号)を離れて、内陸側を北に向かいます。


その後、国道 229 号はシリパ岬を避けるかのように左に向きを変えることになります。


このまま直進した先には「余市神社」があるのですが、今回は素直に左折します。


左折した先にはスーパーマーケットがあるのですが、今は別の名前に変わってしまったと記憶しています。記録に残すという意味で 2016 年当時の写真を載せておきましょう。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事