2020年7月28日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (42) 「『大雪崩橋』の雪崩対策」

 

道道 998 号「古平神恵内線」のトーマル峠を越えて、神恵内村に入りました。「大雪崩橋」という橋で坂を下ります。


「大雪崩橋」を渡った先には「大雪崩覆道」がありました。ご覧の通り、片斜面型の覆道で、雪崩のみならず落石や多少の土砂災害も防ぐことができそうです。「シェルター」と「覆道」は構造上の違いによるものかと思ったのですが、積雪や吹雪を対象にしたものが「シェルター」で、積雪・吹雪のみならず土砂災害にも対応できるようにしたものが「覆道」、なのかもしれませんね。


「大雪崩覆道」は右にカーブした構造になっていて、覆道を出てからもそのまま右カーブが続きます。このカーブは進行方向を 180 度以上変える、とても深いものです。


深い深い右カーブを抜けると、前方に「大雪崩橋」が見えてきました。大きな右カーブと「大雪崩橋」でどれだけ高度を稼いだのか、良くわかりますね。


ちなみに「大雪崩橋」の近くにはこんな構造物がありました。旧道の遺構か何かかな……と思ったのですが、そうではなくて、雪崩が橋脚に直撃するのを防ぐためのもののようですね。「大雪崩橋」だけに雪崩対策もバッチリ……なのか、あるいは後から付け足したのかは良くわかりませんが……。



熊追シェルター(40 km/h 制限)

前方にシェルターが見えてきました。


このシェルターは「熊追シェルター」とのこと。これまでの半円形断面のものとも違って、てっぺんが僅かに尖った形をしているのが特徴的でしょうか。建物の「トンガリ屋根」と同じで、雪が積もるのをなるべく避けたい、ということのように思えます。


「熊追シェルター」の中はそこそこ急な左カーブのため、シェルターの手前で 40 km/h 制限となっていましたが、シェルターを抜けると再び 50 km/h 制限に戻ります。


道道 998 号「古平神恵内線」の標識です。ここは「神恵内村当丸」なんですね。



千寿シェルター

緩やかなカーブを右に左にと抜けると、今度は「千寿シェルター」が見えてきました。シェルターの中は左カーブが続きますが、先程の「熊追シェルター」よりも R が大きいからか、制限速度が下がることは無さそうです。


「千寿シェルター」を抜けると、まっすぐの下り坂が続きます。


下り坂の先は長い右カーブになっていて、カーブの先にまたしてもシェルターが見えるのですが……なんとこの先は 30 km/h 制限とのこと!


覆道内(あれ、シェルターじゃなくて覆道なのかな?)でラジオが受信できるとの案内は、この峠では初めて見たような気がします。



大曲シェルター(30 km/h 制限)

ということで、問題の「大曲シェルター」に入ります。名前からして「大曲」な上に、入口には「カーブ注意」との注意喚起もあり、緊張が走ります。


ところが……シェルターの中は真っ直ぐで、とても快適に走れそうに見えます。


しかぁし! 直線区間の先に「熊追シェルター」をも上回る、急で、しかも深い左カーブが待ち構えていたのでした。これは速度を落としておかないと危険ですね……。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事