2018年6月6日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の東北小旅行 2015 (23)「敦賀と言えば『トンネル温泉』」

 

旧・敦賀港駅舎の「敦賀鉄道資料館」を後にして、車に戻ります。左側(海側)の奥の方に「人道の港 敦賀ムゼウム」の建物である「金ヶ崎緑地休憩所」の建物が、そして道路の向こう側には「赤レンガ倉庫」が見えますね。


金ヶ崎からは、まっすぐ国道 476 号で敦賀バイパスに向かいます。前方に立派な跨線橋が見えてきました。……そう、跨線橋なんですね一応は。

敦賀駅から敦賀港駅(貨物駅)までを結ぶ「敦賀港線」という貨物線があり、この跨線橋の下を通っていたのですが、敦賀港線を走る列車は無くなってしまい、ついには一部区間でレールも埋められてしまったとのこと。ただ法的には廃止手続きは行われていないとかで、「休止中」という扱いになるのだとか。


国道 476 号は、浄化センターの横をそのまま高架で通り過ぎ、天筒山トンネルに入ります。



敦賀と言えば

トンネルを抜けると、そこは敦賀バイパスの入り口(余座交差点)でした。国道 8 号で福井に行くのもいいのですが(蛭子さんのバス旅で通りましたよね)、Day 1 はここから新潟まで行かないといけないので、素直に高速を使うことにします。ということで、敦賀 IC に戻るには右折です。


敦賀バイパスに戻ってきました。右手に「小牧のかまぼこ」の工場が見えます(またか)。


敦賀バイパスから敦賀 IC に向かいます。この敦賀 IC、実は国道 8 号「敦賀バイパス」を経由しないと絶対に辿り着けない場所にあります。



トンネル温泉!

敦賀 IC の入口ブースが見えてきました。既報の通り、公団ゴシックです!


そして、右手の高台(北陸道の向こう側)には何やら立派な建物が見えます。もしかして……と思ったのですが、やはりあれが「敦賀トンネル温泉」の日帰り入浴施設のようでした。ほら、やっぱり敦賀と言えば「小牧のかまぼこ」と「敦賀トンネル温泉」ですよ(サンプル偏りすぎ)。


この日のゴールは新潟ですので、もちろん福井方面に向かいます。さぁ、記事の展開もスピードアップしなければ!



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事