2018年6月27日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「フェリーあざれあ」ステート B 乗船記(お部屋編つづき)

 

「お部屋編」の続き、行っちゃいます。ドアと鍵は船内ではおなじみの、そして船の外では滅多に見かけないタイプのものです。とにかくガッチリしているのが特徴ですね。室内は(もちろん)禁煙です。


ホテルなんかでもそうなんですが、壁面がのっぺらぼうに見えるのは何となく気が引けるのか、ちゃんと絵?が掛けられています。


そして、右のほうに見えているのが……


こちらです。昔の電車とかで良く見かけるタイプのものですが、そう言えばそもそもこれって何を掛けるためのものでしたっけ。帽子とか上着とかを掛けているのを偶に見かけますが……。

電話が置いてあるアレ

用途はともかく名前がよくわからないと言えば、ベッドとベッドの間にある、電話とか謎の経典とかが良く置いてあるこちらの台ですが……


室内灯などのスイッチを枕元で集中操作できる優れものです。フェリーあざれあの竣工は 1994 年とのことですから、この時点で既に 21 年目の大ベテランだったことになります。ちょっとくたびれた感じがするのは仕方がないところでしょうか。


なんとダイキンエアコンのスイッチまであります。空調を個別に調節できるのは個室の大きなメリットですよね。


しかも、電話とか謎の経典とかが良く置いてある例の台(長いな)の上には、エアコンスイッチの使い方を記した紙まで置かれていました。日本語オンリーなのはなんか懐かしい感じがしますね。



一晩の寝床としては充分な設備

デスクの上には、船内の案内と茶櫃が並べて置かれていました。こうやって見るとちょっと狭いかな? と思えたりもしますが……


茶櫃の中には二人分の茶碗とティーバッグが。ちゃんと茶櫃の中に仕舞ってあるのは好印象です。ちょっと嵩張るかもしれませんが……。


よーく見てみると、デスクと洗面台は一体構造でした。良くできてますねー(しかもタオル掛けまであったり)。


洗面台の右のほうには「節水」のステッカーが。フェリーでも真水は貴重ですからね。


ちゃんとコップには「消毒済」の袋が被せられています。アメニティグッズも基本的なものは揃ってそうな感じですね。


これで一泊(新潟から秋田までの自動車の航送料金を含めて)\12,960- は安いですよね!

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事