2018年6月22日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「フェリーあざれあ」ステート B 乗船記(車輌乗船編)

 

新潟港にて、「フェリーあざれあ」の側面を大写しにしてみました。「フェリーあざれあ」です。「フェリーしらかば」ではありません!(汗)


「フェリーあざれあ」の外見の特徴としては、サイドデッキが比較的前方まで伸びているあたりでしょうか。舞鶴航路や敦賀航路を担当するフェリーはいずれも航海速力が 27.5~30.5 kt もある高速船のため、航海中はサイドデッキが閉鎖されるのが常でした。そのためサイドデッキは船体の後方にしかありません。

一方、「フェリーあざれあ」の航海速力は 22.7 kt しか無いこともあってか、サイドデッキは船体の前半部分まで伸びていて、外見上の特徴となっています。


ちなみに、徒歩で乗船する場合は、ボーディングブリッジを歩いて乗船口に向かうことになりますが、乗船口のあるところもオープンデッキになっているんですね。高さを見るとビルの 5F くらいに思えますが、乗船口のあるオープンデッキの部分が、実は「3F」なんだとか。

「あれざあ」

船首部にはもちろん船名が記載されています。「フェリーしらかば」ではありません!(もういい


「あれざあ」と書いてあるように見えるかもしれませんが、ご安心ください。右に小さく「ーリェフ」と書いてあります!



新日本海フェリーの「あの紙」

「フェリーあざれあ」は、秋田経由で苫小牧(苫小牧東港)に向かいます。寄港便の常として、下船地ごとに車をまとめておかないといけないので、新日本海フェリーでも下船地を印刷した紙を配布していました。


使い方はこんな感じです。


隠岐汽船でも似たような仕組みを採用していましたが、隠岐汽船の場合は紙をフロントワイパーに挟む必要がありました。新日本海フェリーの場合は「ダッシュボードなどの車外から見えるところに置いて下さい」とのこと。

車輌乗船開始!

秋田までの車輌の乗船開始時間まで、まだ一時間ほどありますが、早めに車輌に戻って待機しておきましょう。この写真だと乗船待機中の車列とフェリーターミナル、そして「フェリーあざれあ」の位置関係が良くわかりますね。


なんとなく、カーナビで秋田フェリーターミナルまでのルートを表示させてみました。……新潟と秋田の間は、300 km も無いんですね。今から自走すれば夜中の 1:23 に到着してしまう計算のようです。


前方に、フェリーに向かって伸びるスロープが見えています。新日本海フェリーの船舶の場合、フェリーの車輌入口はだいたい上下に二つあって、大抵の場合はスロープを駆け上がって上の入口から乗船する場合が多いのですが……


今回もいつもどおり、スロープを駆け上がっての乗船でした。事前の告知どおり、22:15 に船内に入りました!



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事