2019年11月5日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「札幌北広島クラッセホテル」編(お部屋編)

 

札幌の南、北広島市にある「札幌北広島クラッセホテル」にやってきました。繰り返します。ここは北広島市です。どこをどう間違えても「札幌」では無いのですが、ホテル名は……(気にしたら負けです)。


そこそこ早めにホテルに到着したつもりなのですが(あるいは早すぎた?)、駐車場は結構埋まっていました。結果的に、随分とホテルから離れたところに停める羽目に。



あっ、この天井の高さは!

陽光の差し込むエントランスから中に入って……


チェックインを済ませて、早速客室へ。


おおっ、この妙に天井の低い構造は、プリンスホテルと同じ……ですね! それもその筈で、このホテルは元「札幌北広島プリンスホテル」だったとのこと。繰り返しますがここは北広島市です。なるほど、プリンス時代から謎に「札幌」を冠していたということなのですね。

18 平米のスマートツイン

今回のプランは「シングル or スマートツイン」というもので(2015 年時点)、部屋は 18 平米とのこと。18 平米と言うと決して広くは無いという印象なのですが(偏見かも)、実際に中に入ってみると……


こんな感じでした。まぁ確かに「広い!」と言える広さではないのですが、驚くほど狭いと言った感じはしません。窓が大きいのも影響しているかもしれませんね。

ベッドはツインで、ベッドの横に大きな窓が広がっています。このレイアウトはよく考えるとかなりユニークなものだったかもしれません。


ベッドとベッドの間には電話台とセンターコンソールがあります。センターコンソールは他のホテルでも見かけるものですが、横向きではなく上向きに設置されているのは結構珍しいのではないでしょうか。


ベッドの脇にはチェアとテーブルもあります(一人用?)。



こだわりの曲線

チェアやテーブルと同様に、デスクも曲線を活かしたデザインのものです。


上から俯瞰すると、より雰囲気を掴みやすいでしょうか。


デスクの左には液晶テレビが置かれていますが……


テレビの下の引き出しも、カーブを活かしたデザインです。



広くもないけど無駄のない構造

テレビ台の隣がクローゼットです。冬場に上着を持ち込んでも大丈夫そうなサイズです。18 平米ではありますが、とても機能的に作り付けられているという印象がありますね。


クローゼットの左側、入口ドアのすぐ横に冷蔵庫とティーセットが置かれています。クローゼットとティーセットは左右逆でも良いような気もしますが、入口のドアとクローゼットのドアの干渉を気にしたのでしょうか(ただ冷蔵庫のドアとの干渉もありそうですが)。



空調まわり

部屋の空調は、サーモスタットを調整するちょっと懐かしいタイプのものです。


また、大変ユニークなことに、大きな窓の丈夫にある「ランマ」を開閉することができるようでした。道内のホテルの場合、窓を開けると虫が入ってきてさぁ大変……ということが多いのですが、このホテルの場合は大丈夫だったのでしょうか(網戸が機能しているのかも?)



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事