2019年11月11日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「札幌北広島クラッセホテル」編(おしまい)

 

「札幌北広島クラッセホテル」の話題もようやく最終日となりました。改めて正面から眺めてみると、12F 建てのホテルというのは随分と大きなものだなぁと思わせます。


このホテルの前身は(以前にも記しましたが)「札幌北広島プリンスホテル」でした。プリンスホテルの「選択と集中」により売却の憂き目に遭い、売却先は解体も検討していたそうですが、地元の要望もありホテルとしての営業を継続しているとのこと(20 年の貸借契約なのだとか)。そんな裏話を聞いてしまうと、ちょっと見方も変わりますよね。


ちなみに「札幌北広島クラッセホテル」を運営する「(株)アンビックス」は、「クラッセホテル」以外のブランドでも様々なリゾート施設を運営しているようで、地図をよく見ると「えっ、あのホテルも?」と驚かされたものもありました。

プリンスホテルではおなじみの

建物はゴルフ場のど真ん中にあり、他にテニスコートとスノーパークが隣接しています。ということでホテル内にも「ゴルフ・テニス連絡口」があったりします。


これもプリンスホテルでは定番かもしれませんが、1F に売店があります(ホテルの売店ってのんびり買い物ができて好きなんですよね)。リゾートにあるプリンスホテルは周りに何もないところが多く、売店が無いと色々と詰むわけで……。



眼下に広がる眺望は

改めて部屋(10F)からの眺望ですが、ご覧のように周りはゴルフ場(というか山林)と駐車場しかありません。奥の方に建物が見えますが、あれが道道 1080 号沿いにある「星槎道都大」です。


そして、各部屋からの眺望を解説すべく、窓の下にこんな案内が貼ってありました。



マイカーに先客が

では、そろそろ駐車場に停めておいた車の元に戻ることにしましょう。結構遠くに停めてしまったのですが、どの辺かおわかりでしょうか(ギリギリ写っているようです)。


実はこんなところに停めてしまいまして。


さぁ荷物を積んで出発しよう! と思ったのですが……


なんと、アンテナの上に先客がいらっしゃってました。



幻の「ツリーハウス」

この「札幌北広島クラッセホテル」ですが、周りに広大な森林があるのは部屋からの写真でもご確認いただけた通りです。実はこの森林の中に、STV(札幌テレビ放送)の TV 番組の企画で「ツリーハウス」が建設された……ということを聞いていまして、できればその実物を見てみたいな……という算段がありました。


ただ、現地にはそれらしい案内は無かったため、ホテルのスタッフの方に確認したところ、残念ながら既に解体されてしまったとのこと。色々と大人の事情もあったのでしょうが、ちょっと残念な感じがします。

Rating

プリンスホテルに「切られた」後、「札幌北広島クラッセホテル」として再出発したということもあり、正の遺産と負の遺産のどちらをも引き継ぐことになったという印象の強いホテルです。

道内には似たような感じで売却されたホテルが少なくありませんが、元のホテルの良さをそのまま引き継いでいるものもあれば、よくわからない方向に迷走しているホテルもあるように感じられます。

「札幌北広島クラッセホテル」の場合、客室には若干古さを感じたりもしますが、個人的には許容範囲内です。施設全体で見ると、プリンスホテル時代の良さがそのまま残っていて好印象……と言ったところでしょうか。

Rating は、これまた毎度おなじみの「★★★★・」で。何しろキャパの大きなホテルなので維持するのも大変だと思いますが、なんとかこの調子で運営を継続してもらえたらなぁ、と願っています。

前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事