2018年12月11日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

阪九フェリー「いずみ」ロイヤルルーム乗船記(カードキー受取編)

 

船内に入ってまず最初に行うべきことが、ルームキーの受け取りです。フェリー会社によっては乗船手続きの際にカードキーを発行してくれる場合もありますが、案内所でカードキーを発行してもらうケースが多いでしょうか。ということで、まずは案内所へ。


船の中央部には 5F から 7F までの吹き抜けがあり、その前方に案内所と売店があります。案内所と売店が隣接しているのはもはやお約束……でしょうか。



部屋のある 7F へ

カードキーを受け取って、7F にある部屋に向かいます。階段で登っても良いですが、もちろんエレベーターで上がっても良いです。


ということで「001」号室のある 7F 左舷にやってきました。


ロイヤル「001」とスイート「701~707」が右側(船首方向)、スイート「708~710」が左側(船尾方向)です。



7F 最前部へ

ということで、船首方向に歩きます。壁は木目調で手すりやドアのクリーム色とのコンビネーションが良い感じです。カーペットが青基調なのもバランスの良さを感じます。


ロイヤル「001」は 7F 左舷の最前部にあります。ちょっと遠い……ですが、新日本海フェリーの「フォワードサロン」と比べるとまだまだ序の口ですね。


他の「スイート」とはちょっと違うデザインのドアが特徴的です。



カードキーの出番

では、ついに(案内所で発行してもらった)カードキーの出番です。


ちなみに裏面はこんな感じで、ちゃんと使い方が二ヶ国語で記されています。IC ではなく磁気カードなので、ドアノブの上部にあるスロットに通すタイプですね。IC カードと比べると発行コストが低いので、記念品として持ち帰ることができるのが嬉しい限りです。


カードキーをスロットに通して……無事青色に光りました。さぁ、中に入りましょう!



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事