2019年3月22日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (3)「秩父別ローズガーデン」

 

深川留萌自動車道の深川西 IC から秩父別 PA までの話題です。


謎に広い中央分離帯

深川留萌道で留萌方面に向かいます。このあたりの深川留萌道は片側一車線ですが、中央分離帯が謎に広い北海道仕様です(除雪がしやすかったりするとか?)。



秩父別町(ちっぷべつ──)

深川市を抜けて、秩父別町(ちっぷべつ──)に入ります。ベルマークのようなカントリーサインですが、果たして何を意味するのでしょう……?


秩父別 IC の出口が近づいたあたりで、追い越し車線が復活しました。



京阪電車は関係ありません

秩父別 IC を通過して、そのまま留萌方面に向かっていると、今度は「秩父別 PA」の案内が見えてきました。PA の下にはバラの絵と「ローズガーデン」の文字が。ちょっと気になるので立ち寄ってみることにしましょう。


PA に入るために左に寄った筈でしたが、気がつけば 270 度ほど左カーブが続いています。どう見てもトランペット型 IC の構造ですが……


ああ、やはり。深川留萌道の下をくぐって、反対側車線のほうに向かいます。


深川留萌道の下を抜けると、再び左に 180 度向きを変えます。まるでオーバルコースのようですね。



回りまわって駐車場

(通算で)左に 450 度ほど曲がり切った先に、秩父別 PA の駐車場がありました。


さすが北海道と言うべきか、駐車場のレイアウトにも余裕があります。



上下線で駐車場を共有する斬新な構造

そして、高速道路の PA ではあまり目にすることのない案内板がありました。実はこの秩父別 PA、上下線で駐車場も共有しています。そのため、深川方面から PA にやってきて、そのまま U ターンして深川方面に戻ることもできてしまいます。


駐車場には入り口が 2 つあり、出口も 2 つあります。割と珍しいタイプの構造なので、逆走防止が課題のようです。PA に入るときに通った 180 度の左カーブが、右側の「進入禁止」のところです。


留萌方面からやってきた車が入ってくる道にも、「進入禁止」のマークがこれでもかとばかりに設置されていました。確かにどこかに留萌に向かう出口がある筈なので、方向だけで考えるとここから出たくなるのも理解できます。



徒歩で 250 m

さて、この秩父別 PA、ご覧のようにトイレがありますが……


肝心の「ローズガーデンちっぷべつ」までは、250 m ほど歩く必要があるとのこと。ちゃちゃっと計算すれば片道 5 分程度なんですが、10:30 に羽幌港に到着しておきたいという事情があったもので、今回は残念ながらパスすることに。


では、羽幌港に向かって移動を再開しましょう。逆走だけはしないように注意しないと……(汗)。


ちなみに、車の後ろに見えているのがローズガーデンの建物のようです。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事