2020年9月14日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (72) 「虹とゆめ」

 

道道 86 号「白老大滝線」の「ホロホロトンネル」を抜けて、白老方面に向かいます。



白滝夢未橋

深い右カーブの先には崖を避けるように橋が架かっていました。


この橋の名前は「白滝夢未橋」とのこと。下に細かく説明が書かれていますが、残念ながらこの写真から読み取ることはできそうに無いですね……。


この橋の手前には駐車スペースがあるので、そこに車を停めて説明を見る、というのが正解なのかもしれません。

虹の覆道・白滝交流橋

「白滝夢未橋」の先は、そのまま「虹の覆道」に繋がっています。それにしても、「夢」だの「虹」だの、なかなかのセンスですね……。


覆道を抜けた先は橋になっていて、「白滝交流橋」と言うのだとか。



白滝友情橋

「白滝交流橋」の先には、すぐさま次の橋が架かっていて……


その名も「白滝友情橋」なのだとか。そう言えば、かつて首相も務めた大物政治家の方がこのあたりの選挙区から出ていたんでしたっけ……?


それにしても、橋 → 覆道 → 橋 → 橋のコンボはなかなかの破壊力というか、インパクトがあると言うか……。難所を最新の建設技術でささっと繋いだという感じがして、なんか凄いですよね。

大星沢橋

久しぶりに崖の下の坂道を下ると……


これまた久しぶりに川を渡ります。


「大星沢橋」とありますが、この川が「大星沢」なんでしょうか……?(地図では残念ながら確認できず)



大星沢覆道・森野トンネル

橋を渡ると、これまたすぐに「大星沢覆道」に入りますが……


この覆道は「森野トンネル」と繋がっています。道道 86 号「白老大滝線」では最も長いトンネルでしょうか(330 m)。


「森野トンネル」を出たところにも駐車スペースが用意されていました。除雪用車両のチェーン脱着スペースなのでしょうか。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事