2020年9月24日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (77) 「いつまでも、あると思うなガソリンスタンド」

 

ローソンで買い物を済ませて、再び国道 36 号に戻ってきました。右手に大きな倉庫のような建物が見えてきましたが……


なんとこちらの建物は「王子サーモン」のものでした(よく見たら手前にお店もありましたね)。このロゴの雰囲気も凄くいい……というか、ゼロからこのロゴを作ってみろと言われても、なかなかこの形に仕上げられる人はいないのでは無いでしょうか。


国道沿いにあるのは「王子サーモン」だけではなく、普通に回転寿司のお店もあります。道内における回転寿司のレベルの高さは万人の知るところですが、「100 円寿司」もあったんですね。



苫小牧の中心部へ

海沿いを通っていた国道 36 号ですが、グッと左にカーブして内陸側に向きを変えます。


引き続き国道 36 号を千歳方面に向かいます。バスが発車しそうなので、少しアクセルを戻して……。



ちゃちゃっと給油

左手にガソリンスタンドが見えてきました。そう言えばそろそろガソリンを給油する必要があったんでしたね。


ということで、ちゃちゃっと給油してもらうことに。


残り走行可能距離が 150 km と出ています。この「走行可能距離」は直近の 30 km ほどの燃料消費実績から推定していた筈なので、残りは 15 リットルを下回っていた可能性がありそうです。


満タン(約 70 リットル)で 739.4 km ほど走ったわけですが、あと 150 km ほど走行可能だったと言っているので、( 739.4 + 150 ) ÷ 70 と考えるとリッターあたり約 12.7 km ということになります。これまでの経験から考えて、ほぼベストペースっぽいですね(これ以上はかなり難しい)。


ガソリンも満タンになったので、国道 36 号に戻りましょう。……あ、また左手に ENEOS が。



線路の北側へ

このあたりの国道 36 号は片側 3 車線ですが、交叉点の手前で 4 車線に増えました。左側の 2 車線は国道 36 号として北に向かい、右側の 2 車線は臨海北通として東に向かいます。苫小牧の西港に向かう場合は右側(臨海北通)ですが、今回は千歳方面なので左側(国道 36 号)を進みます。


国道 36 号は北北西に向きを変えて JR をオーバーパスします。


JR をオーバーパスした後、今度は右に 90 度向きを変えます。



いつまでも、あると思うな

そう言えば、このガソリンスタンドは 2015 年の 1 月にお世話になったような記憶が……。でも、なんか元気がないというか、ひっそりとしているようにも見えます。


それもその筈で、どうやら「休業中」だったとのこと。


「休業中」の案内には、700 m 先のガソリンスタンドに向かうように記されていましたが……


あー、セルフでしたか。ガソリンスタンドはセルフではなくフルサービス派なので、できればセルフじゃないほうが良かったんですよねぇ……。

セロテープのありがたさに思いを馳せながら(何故)、国道 36 号を千歳方面に向かったのでした。

前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事