2020年12月15日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

四国オレンジフェリー「おれんじ えひめ」乗船記(マッサージ&ギャラリー編)

 

6 甲板の「外部デッキ」(吹きさらし)から屋根の下にある「スカイラウンジ」に戻ってきました。4 甲板の中央にある「インフォメーション」の上の屋根が見えますね。すりガラスですが、サンルーフのような構造です。


では、階段で 5 甲板に戻りましょう。



マッサージコーナー

5 甲板の左舷にもテーブルとソファーの並ぶラウンジスペースが設けられていました(右舷にあったものと同等ですね)。


左舷のラウンジスペースの後ろ側には「マッサージコーナー」が。


中を覗いて見ると……お、なかなか本格的なマッサージチェアが並んでいます。そして利用者は誰もいません。これはもしかして……


ああ、やはり。船内にマッサージチェアを設置する船は多いですが、だいたいどこも有料にしていて、どこも閑古鳥が鳴いてるんですよね。



ギャラリー

マッサージコーナーの後ろは「婦人シャワー室」「婦人脱衣室」「婦人展望浴室」が並んでいます。


そして、廊下の左側の柱にはこんなものが。「婦人展望浴室 →」の上に、ちょこんと小さく「ギャラリー」の文字が。


ふむ、これが「ギャラリー」なんですね。



例のオブジェと船舶の写真

ギャラリーの中央には、各社の船舶でおなじみのアレが。ただ、乗船記念日を表示していたり、船名と起点終点を示した専用のフレーム?が用意されていたり、かなり丁寧な作りになっていますね。


「ギャラリー」には現行船舶の写真が並んでいます。正面左側の写真が「おれんじえひめ」で……


右側の写真が同型船の「おれんじおおさか」ですね。


そして左側の壁に飾ってあるのが「おれんじホープ」だったようです。新居浜・神戸航路の船舶ですよね。



他のお客さんの目を気にせずに

「おれんじおおさか」の右側の壁にはコスプレ用の衣装が用意されていました。


他社の船舶だと記念写真用のオブジェや衣装がオープンスペースに置かれているので、通りがかった人が映り込むこともあれば、衣装を着込んだ姿も他のお客さんに見られてしまいます。その点この「ギャラリー」だと、多少変顔をしても他のお客さんにバレずに済む……かもしれません(保証はしません)。

純粋な記念写真も

コスプレ用(記念撮影用)の衣装の横には、純粋な記念写真も飾られていました。アテネオリンピックの金メダリストが乗船とのことですが、やはり「しまなみ海道」を走りに来たんでしょうか……?



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事