2020年11月25日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「三浦華園」編(お部屋編)

 

Day 3 のお宿は滝川市の「三浦華園」さんです。Day 2 が「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」だっただけに、随分と文字数が少なくなりましたね……(そこか)。


照明灯のポールにも "hotel miura kaen" の文字が。「三浦華園」という名前からはどうしても和風な印象を抱いてしまいますが、そういった印象を覆そうという意図もあるのでしょうか……?



お部屋

ちゃちゃっとチェックインを済ませて、部屋にやってきました。7F の禁煙フロアの部屋ですが……おっ、これは!


良くあるビジネスホテルのシングルじゃないか、と言われると確かにその通りなんですが、大型のソファーがあるのが嬉しいですよね。もちろんベッドもありますが、ソファーでぐうたらな座り方をするのも良いものです。


ベッドは一般的なサイズです。十分なサイズですね。


冷蔵庫はデスクの下に置かれています。デスクは L 字形なので、上に TV やポットが置かれていても、まだ若干の余裕があります。


冷蔵庫の中は……まぁ、このご時世ですから普通は空っぽですよね。冷蔵庫のスイッチが用意されているくらいですから。



懐かしの VDSL ?

これは懐かしの VDSL の口でしょうか。昔はフロントで VDSL モデルをレンタルしてくれるホテルもありましたよね。ちなみに三浦華園さんは普通に Wi-Fi も飛んでいるのでご安心ください。


TV の脇には電源タップが用意されていました。本来はポット用なんですが、コンセントに空きがあるのは嬉しいですよね。



バス・トイレ

部屋にはちゃんとバス・トイレも設けられています。


バスタブのサイズは決して広々とは言えませんが、ビジネスホテルでは一般的なサイズでしょうか(ビジネスホテルでも時折、バスタブが凄まじく狭いところがありますが……)。


混合水栓は洗面台と一体になったタイプで、サーモスタットはありません。この構造はルートインあたりで良く見かけるものですね……。水栓が一つで済むので、コストメリットがあるのでしょう。


シャワーとカランの切り替えハンドルでは止水ができないことを注意喚起するステッカーが貼られていました。このタイプだと水量と温度調整を独立して行えないので、つい別の方法で停められないかと思ってしまうんですよね。


シャンプーやボディソープなどはボトルで置かれています。必要なだけささっと手に取れるので、ボトルで置いてあるのは助かります。


トイレは TOTO のウォシュレットです。スイッチが見当たりませんが……


なんと、スイッチはリモコン式のものでした。比較的最近、新しいものに取り替えたのでしょうか……?



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事