2019年10月17日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (122)「路傍のサプライズゲスト」

 

道道 28 号「当別浜益港線」を南下して当別に向かいます。この先の交叉点を右折すると、石狩市厚田区に出るようです。「○○区」と言われると政令指定都市っぽいですが、「厚田区」は「地域自治区」とのこと。


直進してそのまま南に向かうのですが、ここからしばらくの間は道道 11 号「月形厚田線」と道道 28 号「当別浜益港線」の重複区間です。前を走っていたレンタカーがスローダウンしていたのですが……あっ!


道端にこんなサプライズゲストが。これが前車のスローダウンの理由だったんですね。



インド人を右に(交叉点は左に)

当別ダムのダム湖(当別ふくろう湖)の畔にやってきました。バイクに追いつかれたので道を譲って……


「道民の森 月形地区」へはこの先の交叉点を左折のようです。左折して、引き続き道道 11 号で月形に向かいます(道道 28 号とは一旦お別れです)。



濡れてまいるわけにも行かず

ずっと曇り空で、時折通り雨のある空模様でしたが、ここに来て青空が見えてきました。やっぱ空が青いほうが、景色にもメリハリがつくというものです。


道路脇の標識(だと思う)が、随分と傾いていました。路肩が少しずつ浸食されているのでしょうか。


こちらの標識は、普通ならまっすぐのポールに立てそうなものですが、少し外れたところにポールを立てて、90 度曲げたポールで支えられていました。



入口への入口(メタ入口)

いつまで経っても「道民の森 月形地区」が見えてこないなぁ……と思っているうちに、あれれ、市街地に出てしまったようです。このまままっすぐ行けば学園都市線の知来乙駅に出てしまいます。


道を間違えたか……と不安に思っていたところ、「道民の森 月形地区入口」への案内が見えてきました。「月形地区」ではなく「月形地区入口」ということで、要は入口にすら辿り着いていないということのようです(例の標石があるところが「入口」なのであれば、確かに納得です)。


交叉点を左折すると……あれっ? 「道民の森 月形地区 入口」なのは良いとして、「道民の森 一番川地区 ←」という看板も見えます。やっぱ遠回りしてたんでしょうか……?



圧倒的スケールの遠回り

「道民の森 月形地区」へはあと 6.2 km とのこと。キャンプ場以外にも「バンガロー」や「木工芸館」「陶芸館」など、色々と設備が充実しているようです。一番川地区(事実上キャンプ場のみ?)の肩身が若干狭そうですね。


二回左折したということは、ほぼ逆方向に戻っているということになります。絶対これはどこかで道を間違えたに違いない……と思っていたのですが……


改めて地図で確かめてみると、このルートを取るしか無かったとのこと。これは流石にキツいですね……。


前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事