2019年10月29日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (129)「馬肉のジンギスカン」

 

石狩当別駅の南側を東西に伸びる「中央通」にやってきました。前方の交叉点で駅前通りと交叉します。


ちなみに結構な逆光でして、補正しないとこんな感じです。まぁ何が映っているかは十分わかるレベルではありますが……。



駅前通り

石狩当別駅の駅前通りにやってきました。舗装も綺麗ですし道の左右には花壇まで。すんごく整備が行き届いた感があって素晴らしいですね。左側に見える 5 階建ての建物はビジネスホテルのようです。


前方に、当別川にかかる「当別大橋」が見えてきました。この当別川は戦後(だと思う)に開削された新川で、かつての当別川は当別神社の南の「阿蘇公園」のあたりを流れていたようです。流路変更により現在は川の北側となっていますが、ここは元々は川の南側で、「江当軌道」という軽便鉄道の終点が、おそらくこの右あたりにあったと思われます。



久しぶりの……

橋を渡った先で国道 275 号と合流します。直進すると札幌に、左折すると月形に向かうことになります。


久しぶりの国道 275 号ですね(新十津川で国道 451 号に入って以来)。


札幌まで 23 km(東区東雁来町まで 19 km)と出ています。札幌まであと少しですが、よく考えたらこの日のゴールは札幌じゃ無かったんですよね……。



既成概念を覆す

当別町対雁というところにやってきました。お隣の江別市にも「対雁」があるのですが、両者の距離はそこそこ離れています。「対雁」は一度読み方を知ってしまえば簡単に読めるようになる地名……でしょうか(「ついしかり」と読みます)。


ジンギスカンと言えば羊肉……と思っていたのですが、馬肉のジンギスカンもあるのでしょうか。北海道は「豚肉の焼き鳥」があるくらいなので、何があっても驚いてはいけないのですが……。


左右が開けると同時に、前方に高速道路のような高架道路が見えてきました。この高規格道路は国道 337 号で、いつかは千歳空港まで繋がる……のでしょうか。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事