2019年10月21日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (124)「道民の森 一番川地区(再)」

 

「道民の森 月形地区」の「案内所・陶芸館」で U ターンして、入口の交叉点に戻ってきました。


左折すると「月形・札幌」方面で、右折すると「一番川地区」に戻ることができるようです。月形に戻るのも相当遠回りを強いられることがわかっていたので、右折するしか無いですよね。



直進 10 km

では、これから「道民の森 一番川地区」に戻ることにしましょう。道路の左右にも案内が出ていますが……


「一番川地区」へは直進 10 km とのこと。思ったよりも近いような気もします。


実は、一番川地区から月形地区に行くには、道道に戻らずに「広域基幹林道 青月線」をそのまま南下するのが大正解だったのでした。そのまま南下すれば 6.9 km の走行で済んだのですが……


わざわざ道道 28 号に戻ったことで 23.9 km も走る羽目になったのでした。改めて地図で見てみると、これ、すんげー失敗ですね(汗)。


そして、「一番川地区」ではなぜか道路沿いにテントが並ぶという不思議な光景を目にしたのですが……


やはり、そういうことなんですね。駐車場から離れたところにテントを張ると逃げるのにも手間取りますし、どうしても管理側の初動も遅れてしまうので、車の近く、管理人の目が行き届くところにテントを並べるのが良いだろう……という判断なのでしょうね。

この標識はいつかどこかで見た……

道路脇には、利尻や奥尻でも見かけたイラストつきの注意標識が。以前に見かけたのも林道でしたが……


この道も「広域基幹林道 青月線」という名前です。



道民の森 一番川地区(再)

前方に交叉点(三叉路)が見えてきました。「道民の森 一番川地区 入口」という看板が見えます(前車の陰になっちゃってますが)。


ここは「道民の森 一番川地区」の入口です。つまり……


少し前にも見た、例の標石もあります。

前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事